『公式ガイド 通関ビジネス実務検定™要点整理&練習問題』に補足して、通関ビジネス実務検定™で出題される可能性のある分野の学習ポイントを資料にまとめています。受験までに必ずチェックしておきましょう。

ポイント① 事前教示制度を理解しよう

事前教示制度とは、輸入貨物にかかる関税率表の適用上の所属、税率、課税標準等に関し税関に問い合わせ、回答を求めることができる制度です。第1回通関ビジネス実務検定で出題される可能性のある下記「事前教示制度の概略」を本番試験前に確認しておきましょう。

ポイント② 都市コード・空港コードを覚えよう

都市コード・空港コードは、IATAによって定められた、3文字からなる3レターコードです。都市コードと空港コードは同じことが多いですが、一つの都市に複数の空港がある場合は都市コードと空港コードが異なることがあります。安易に都市コード=空港コードととらえず、両者が異なる地域については特に注意して覚えるようにしましょう。
以下に、第1回通関ビジネス実務検定受験にあたって覚えておくべき都市コード・空港コードを抜粋しました。第1回通関ビジネス実務検定ではIATAの定めた都市コード・空港コードに関する問題が出題されますので、受験前に確認しておきましょう。